痛いとうわさのある脱毛エステの方法

脱毛エステは痛い?エステの初心者の方は必見のエステの基礎知識

「この夏、水着を着たいから自分で脱毛したんだけど上手にできなくて、何日かしたらまた目立ってくるんです」また年上の友人から「あのな、この前ワキの下のムダ毛処理をしようと思って毛抜きで抜こうとしたら、老眼で見えへんねん。もうショックやわ」なんて明日は我が身か?!と思ってしまうような悩みを聞くことがあります。これらの悩みを聞くたびに、女性はいくつになっても美を追い求めているんだなぁと思ってしまいます。さて、そんな脱毛とは一体どうい?うものなのでしょうか

脱毛というと、まず病院で受ける、医療電気脱毛に、医療レーザー脱毛とエステサロンで受ける、プレンド法といわれる電気脱毛とIPL脱毛という、フラッシュライトを使用した脱毛があります。

医療電気脱毛とは、ごく細い針をムダ毛の毛穴に差し込み、強い電気を流し毛根を焼いて破壊する方法です。1本の毛根にかかる時間は0.5秒くらいなので、痛みはあっても少なくて済むし、ほぼ永久的に効果を発揮します。医療レーザー脱毛とは、黒い毛だけにレーザーのエネルギーを集めて破壊させる、いわば機器を応用した脱毛で、針による脱毛より早く、痛みが少ないといわれています。次にエステで受ける脱毛では、電気脱毛プレンド法という、細い針をムダ毛の毛穴に差し込み、高周波の電気を流すと同時に電気分解反応で毛根を焼き破壊させます。1本の毛根に2~5秒の電気を通すので、その分痛みも激しく、時間と費用がかかってきます。後、IPL脱毛とは、黒い色素にエネルギーが集まる光であるIPLフラッシュライトを利用した機器で、医療レーザーが広まるにつれて、エステでも似た機械を取り入れた脱毛をしています。いずれにしても、多少の痛みはあるようで、美を手に入れるのには我慢も必要だということでしょうか?

どこの脱毛エステがいいのか不安なあなたへ!